ソフトバンクとアリババグループ、日本でクラウドサービスを提供する合弁会社を設立

  • 2016-5-16
  • ソフトバンクとアリババグループ、日本でクラウドサービスを提供する合弁会社を設立 はコメントを受け付けていません。

ソフトバンクと世界最大手Eコマース企業の一つであるAlibaba Group Holding Limitedは、アリババグループ傘下の会社が提供するクラウドサービス事業「Alibaba Cloud」の技術を活用して、日本でクラウドサービスを提供するSBクラウドを設立したと発表した。

SBクラウドは、今後日本国内にデータセンターを設置し、ベンチャー企業から多国籍企業にわたるあらゆる日本の顧客ニーズに合わせて、他社サービスと比較して競争力と拡張性の高いAlibaba Cloudのパブリッククラウドサービスを提供。また、パブリッククラウドサービスの需要が急速に伸びている日本市場において、データストレージサービス、データ処理サービス、企業向けミドルウエア、セキュリティーサービスなど、Alibaba Cloudの多様なサービスを日本の法人企業に提供することで、同事業の存在感を高める重要な役割を担うとのことだ。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
佐々木俊尚氏が読み解く「2020年エンジニアショックは起こるのか?」 <PR>
グリーとLINEがゲーム事業においてマーケティングパートナーに
主催企業スペースマーケット重松社長が語る「2016年スタートアップ合同法要会」
新しい未来の創造を祈願!「スタートアップ合同法要会2016 supported by SMBC日興証券株式会社」体験レポ
各国大使も来訪!2016年新経済連盟 新年会レポート

クラウド開発徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)
菅原 元気
技術評論社
2016-05-13




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る