MISFIT、リモコン機能を備えたスマートウェアラブル「RAY」を発売

  • 2016-5-16
  • MISFIT、リモコン機能を備えたスマートウェアラブル「RAY」を発売 はコメントを受け付けていません。

スマートウェアラブルブランドのMISFITから、アクセサリー感覚で身に付けられるスマートウェアラブル「RAY」を、2016年5月27日より発売する。色はカーボンブラックとローズゴールドの2色が用意され、スポーツバンドタイプが1万2,800円、レザーバンドタイプが1万5,800円(いずれも税別)。このRAYの発売を受け、2016年5月13日に都内の会場で発表会が開催された。

2015年11月からFossilグループに参入したMISFIT。設立者であるサニー・ヴー氏はFossilグループのConnected Devices President兼CTOとなっている。ヴー氏は発表会の席上、「我々は、美しいデバイスを作ろうとしてMISFITを数年前に立ち上げた」としながら、「私たちのビジョンはウェアラブルのテクノロジーを感じさせない製品を作ること」と語る。「私たちはファッションとデザインを愛するシリコンバレーの会社。Fossilグループはテクノロジーを愛するファッション・デザイン会社。初めて会ったときに恋に落ちた。アルマーニやディーゼルなどのブランドと一緒に展開できることを誇りに思っている」(ヴー氏)。
mis03

新しいRAYは、歩数やカロリー、距離を自動的に測定できる。睡眠の計測も自動的だ。それだけでなく、スマートフォンに着信したテキストメッセージや電話をバイブレーションで知らせてくれる。50m防水機能を持ち、筐体には航空機グレードのアルミニウムを利用している。そのほか、スマートフォンのシャッターボタンになったり、音楽をコントロールすることもできる。なおバンドは交換可能で、ネックレスタイプのものも用意される予定だ。

「一番大切なのはRAYのデザインだ」とヴー氏。「RAYはどのようなアクセサリとも合わせて付けられるように考えた。宝石や時計とも合わせて付けることができる。トレーニングのシーンから、フォーマルのシーンまで対応できる。とても美しい製品」(ヴー氏)。
mis04

RAYを開発するに当たっては、時計と一緒に付けられる製品をまず念頭に置いたとのこと。そしてテクノロジーの冷たさでなく、暖かみを感じさせる素材を追求したそうだ。「最終的に16のデザインアプローチにたどり着いた。すべてに長所と短所があったが、そこから3つに落とし込み、1つのデザインに決定した」(ヴー氏)。

ただしこのデザインにデバイスを収めるのは大変だったようで、すべての基板を入れるために、7つの設計をしたとのこと。電池の配置にもこだわりを持って作られた。そこからプロトタイプを作り、ゴージャスに見えるように仕上げていったという。「どのような人にもフィットする長さも研究した」(ヴー氏)。
mis05
mis06

LEDの位置にもこだわりを見せる。「たくさんのLEDを配置するとテクノロジーを感じさせてしまう。しかしライトがないと、情報を伝えることができない。そのバランスを考えた」(ヴー氏)。そしてそこから色、素材、仕上げについても20個のパターンを考えたそうだ。スポーツタイプのものからプレミアムタイプのものまで考えたが、その中間的なものに落ち着いた。
mis08

バンドについても、フィットネス機器、かつそうではない内印象を与えるものを考えたという。バンドの中に穴を開けないことで、フィットネス機器のように見えないデザインになった。これについても20種類ものパターンが考えられた。「実際の製品はとてもシンプルだが、そこにたどり着くまでには相当な労力を費やした。シンプルにするということは、複雑を克服するということ」(ヴー氏)。
mis09
mis02
MISFIT

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
バッテリーで75時間稼働するBT対応ポータブルスピーカーION AUDIO「Explorer」
ソニー、自室を音と光の空間に演出できるLED電球スピーカー「LSPX-103E26」を発売
デビュー20周年を記念してハイレゾで体感する「2020 ‐T.M.Revolution ALL TIME BEST‐」を開催
玄人志向、TV録画に最適なHDDとスタンドのセットモデルを発売
災害時に活躍!パナソニックがスマホも充電できる手回し充電ラジオ「RF-TJ20」を発売




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る