海洋ミッションに役立つ4つのセンサーを搭載した“G-SHOCK”が登場

  • 2016-7-15
  • 海洋ミッションに役立つ4つのセンサーを搭載した“G-SHOCK”が登場 はコメントを受け付けていません。
s-GWN-Q1000-1A_1_l
カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”の海洋コンセプトシリーズ“GULFMASTER(ガルフマスター)”の新製品として、コーストガードが活動する海洋での使用を想定し、“G-SHOCK”初となる4つのセンサーを搭載した「GWN-Q1000」を、8月5日より発売する。カラーはブラックとホワイトの2種類で、価格は10万円(税別)。

今回発売される「GWN-Q1000」は、コーストガードなどによる海上の警備や救助活動における使用を想定し、海の状況を把握するための4つのセンサーを搭載した。

天気の急激な変化を予測するための気圧センサー、気温・水温の変化を読み取るための温度センサー、風向きや潮の向きを確認するための方位センサー、水中での深度を把握するための水深センサーを搭載。急な雨や嵐など、刻々と変化する海の状況をリアルタイムで把握することができる。

多彩な機能を簡単に使いこなせるよう、気圧、高度、温度、方位、深度の計測モード状態、急激な気圧変化、潮の干満を示すタイドグラフなどの情報を5時側のインダイアルで表示。デュアルコイルモーターを採用することで、大きな針で見やすいレトログラードでの表現を実現した。

今回、東レとの共同開発による剛性に優れたカーボンファイバー強化樹脂ケースを新たに採用、衝撃などによる変形を抑えてくれる。ボタン部分には耐久性が高いメタルパイプを採用し防水性を高めた。さらに裏面の緩衝カバーとバンドにはソフトウレタンを採用して快適な装着性を実現。海洋での使用にふさわしいモデルに仕上がっている。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
リンクス、スマホと繋がる乾電池型IoT「MaBeee」を発売
ニコン、スポーツ写真家の佐野美樹氏が臨場感のあるスポーツ撮影の魅力について語る動画を公開
カシオ、スマホと連動してスイング分析できるゴルファー向けデジタルカメラを発売
ソニー、Bluetooth送信機能を搭載するBlu-rayディスクプレーヤーを発売。ネット動画も視聴可能
チェキで撮って、世界にひとつだけの図鑑を完成させよう





関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る