家庭、小規模オフィス、店舗などに自分で設置できる高画質防犯カメラ・レコーダー

  • 2016-8-22
  • 家庭、小規模オフィス、店舗などに自分で設置できる高画質防犯カメラ・レコーダー はコメントを受け付けていません。
aigle_img


レッツコーポレーションは、家庭や小規模オフィス、店舗などに低コストで導入ができる高画質防犯カメラ・レコーダー「見張隊(みはりたい)」シリーズを発売する。



フルハイビジョンに対応しLANケーブルからカメラへの電源供給が可能な「FHD見張隊pro」、4台のカメラとレコーダー・モニターをワンセットにした「見張隊エーグル04」、2台のワイヤレスカメラとレコーダー・モニターをワンセットにした「ワイヤレス見張隊」の3機種をラインナップ。

価格はオープンプライスで、参考価格は「FHD見張隊pro」が16万8,000円、「見張隊エーグル04」と「ワイヤレス見張隊」が6万9,800円。2016年8月19日より、同社代理店及び同社直販サイト「イークロス」などで販売を開始する。

見張隊シリーズは低価格ながらも、動体検知機能を搭載しており、映像内に動きがあった箇所のみをイベント映像として再生、保存することが可能。映像確認の際には撮影した全ての映像を確認する必要がなく、短時間で効率よく確認することができる。

さらに映像再生は撮影日時・カメラを選択して再生が可能。映像を保存するハードディスクの容量がいっぱいになった場合は古い映像から自動的に削除され、常に最新の映像を記録できる。また、見張隊シリーズのカメラは赤外線照射が可能で、夜間の屋外や照明のない倉庫などの暗所でも鮮明な映像が記録できる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
「ユピテル ドライブレコーダー ドーンと50台プレゼント!!」キャンペーンを実施
5種類のDisneyキャラクターのデザインから選べるウォークマンSシリーズをソニーストアにて販売開始
エアコン使用時の風の向きを改善する後付け風向調整板「アシスト・ルーバー」を発売
アニメ「NARUTO-ナルト- 疾風伝」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマンとヘッドホンが登場
朝日新聞社、Android TVアプリ「オンデマンド高校野球」をリリース






関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る