全国の中高生を対象とした日本有数のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016決勝大会」を開催

  • 2016-10-21
  • 全国の中高生を対象とした日本有数のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016決勝大会」を開催 はコメントを受け付けていません。
名称未設定-2

D2Cは、全国の中高生を対象にしたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」を2016年10月23日午後1時より、D2Cホールにて開催する。

本コンテストは今年で6回目を迎え、12歳から18歳までの全国の中高生が開発した、iPhoneやAndroid端末に対応するスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向けアプリも含む)を広く募集し、その企画力と実装力の観点から優秀な作品を選出し表彰するというもの。

今年は昨年同様に多くの作品応募があり、中高生向けのアプリ開発コンテストとしては日本最大級で、全国の中高生が技術力を競いあっている。また、今年は海外からの作品応募もあったとのこと。

作品は、公式Webサイトにて、7月1日(金)より8月31日(水)まで応募を受け付け、9月18日(日)に一次審査を通過した30組を発表。その後、10月2日(日)の2次プレゼンテーション審査会を経て、決勝大会に進出する10組が決定された。

当日の決勝大会では、外部から招いた審査員が優秀作品を選出し表彰する。

アプリ甲子園2016

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ファーウェイ製SIMロックフリー製品の修理受け付けを全国のワイモバイルショップで開始
Ankerから小型軽量でQuick Charge 3.0対応の大容量モバイルバッテリー
「マクドナルドFREE Wi-Fi」を使い、店舗で楽しめる映画やドラマなどの配信を開始
利用に応じてANAのマイルが貯まる格安SIM「ANA Phone」登場
格安SIMサービスの利用率は14.7%。MMD研究所調べ
HTML5 スマホアプリ開発の教科書
クジラ飛行机
ソーテック社
2014-09-19





関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る