メガネスーパー、メガネ型ウェアラブル端末「b.g.」の最新プロトタイプを発表

  • 2016-12-16
  • メガネスーパー、メガネ型ウェアラブル端末「b.g.」の最新プロトタイプを発表 はコメントを受け付けていません。
(ビージー)」正面】

メガネスーパーは、過去40年間培ってきたアイケアのリソースをベースとし、「視覚拡張」をキーコンセプトに、技術革新を通じて新たな市場の開拓を目指し商品企画化を進めてきたメガネ型ウェアラブル端末「b.g.(ビージー)」の最新の商品プロトタイプを発表した。

「b.g.」は左右に2つのディスプレイを搭載し、ノンシースルー型の高解像度ディスプレイを採用。「見え方のクオリティ」を追求した結果、両眼視を前提とした設計となっているとのこと。また同時に「眼への負担」を考慮しており、長時間の作業や着用でも眼を疲れにくくなっている。

人それぞれ異なる「瞳」の位置を考慮し、ディスプレイ位置の可変性を追求することで、
常に最適な見え方を提供。着用感を重視し、着用時の前後・左右バランスを追及した設計により、快適な掛け心地を実現している。

「見え方」と「かけ心地」を両立させるために、専用のメガネフレームを設計した。メガネフレームに「外フレーム」を装着させる形状を採用することで、メガネならではの「かけ心地」と「ディスプレイ部の固定感」を両立させている。ディスプレイを見る必要がないシーンにおいては、外フレームを持ち上げることでディスプレイを視界から外すことが可能だ。

また「b.g.」は視力矯正が必要なユーザーが快適につけられることを重視しているとのこと。専用メガネフレームには当然レンズを入れることが可能であり、アイケアカンパニーとして「b.g.」の使用環境に合わせた最適なレンズを提案することを意図しているそうだ。

なお、メガネ部分と有線を通じて、専用のケースに接続。高解像度のデータを無線環境に左右されることなく、リアルタイムにディスプレイタイプに表示が可能だ。高解像度を実現しながらも一定の使用時間を確保することを意図し、バッテリーは専用ケース内に設置している。

■「b.g.」プロトタイプ商品の主な仕様
【ディスプレイ部】
・パネル 1/2 インチ アクティブマトリクスカラー有機EL
・解像度 1024x768
・制御基板 HDMI 入力(1024x768/60P)
・基板サイズ 30mm x 20mm
・電源 5V
・消費電力 230mA
・プリズム仕様 3枚構成 アイリリーフ22mm 瞳径6mm
・HDMI仕様 コネクタ TypeD(Micro HDMI)

【本体部】
・適合再生装置 iPhone6s
・出力コネクタ HDMIコネクタ x 2
・消費電力 約4.9W
・使用バッテリー CANON製 LP-E6N DC7.2V 1865mAh
・使用温度 0℃ ~ +40℃
・保管温度 -20℃~+60℃(結露しない環境であること)
・重量 約115g (バッテリー含まず) 約191g(バッテリー含む)


メガネスーパー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ファーウェイ、心拍測定機能を搭載したスポーツリストバンド「HUAWEI FIT」を発売
小学生から70歳までの音声認識率、実に98.3%!リモコンに話しかけるだけで操作できるソニーのブラビア
「FINAL FANTASY XV」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドホン、スピーカーが登場
京商、「DRONE RACER」を発売
ソニー、ウィンタースポーツ中に快適に会話できるヘルメットマウントワイヤレスヘッドセット「NYSNO-10」発売





関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る