JAPANNEXT、QHD 2,560×1,440ドット 60HzIPS-AHVAパネル 24型液晶ディスプレイ「JN-IPS240QHD」発表

  • 2017-10-2
  • JAPANNEXT、QHD 2,560×1,440ドット 60HzIPS-AHVAパネル 24型液晶ディスプレイ「JN-IPS240QHD」発表 はコメントを受け付けていません。
44934_RCNBsEWOqF

JAPANNEXTは、QHD(クアッドハイビジョン)2,560×1,440ドット32型ワイド 60Hz対応スリムタイプ液晶ディスプレイ「JN-IPS240QHD」を発表した。2017年10月07日(水)より発売で、2017年9月29日~10月07日は発売前モニター特価販売セールとして2万2490円で販売する。

本製品は、QHD解像度に対応した液晶ディスプレイ。QHDとは、HDの約4倍、フルハイビジョンの約1.8倍の作業領域を実現する2,560×1,440ドットの解像度だ。IPSタイプのAHVAパネルを搭載、標準的なTNパネルと異なりあらゆる角度から見ても色やコントラストの変化がおきにくい、広視野角上下左右178°を実現した。sRGBを100%カバーし、画像をより鮮やかに、美しく、どんな場面でも忠実な色再現できる。

画数ピッチを約0.20ミリ及び123PPIという高画数密度を実現し、どんな詳細も明確に、高精細な表示を実現できる。リフレッシュレートは最高60Hzまで対応、映像をなめらかに表現することが可能だ。

ブルーライト軽減モードを搭載し、フリッカーフリー設計で、目と身体への負担を軽減してくれる。インターフェースはHDMI / DP / DVI、合計3つのポートを搭載している。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を実現し、標準で消費電力を20Wに抑えている。フレーム、バックケースはブラックの1色。

JN-IPS240QHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
JAPANNEXT、32型WQHD60Hz IPSパネル液晶ディスプレイ「JN-IPS3200WQHD」の特価セールを実施
オーディオデータからピアノ用譜面を自動作成するヤマハクラビノーバ「CSPシリーズ」
サンコー、「食器洗い用セミオート電動ツインヘッドブラシ」を発売
ラトックシステム、PM2.5/VOCなどの空気質をはかって知らせるBluetooth エアクオリティ モニターを発売
VICSセンター、VICS WIDE大雨エリア情報の対象地域を拡大




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る