サッカー日本代表 新アウェイユニフォームを発表!コンセプト「勝色」のストーリー全貌が明らかに

  • 2018-3-22
  • サッカー日本代表 新アウェイユニフォームを発表!コンセプト「勝色」のストーリー全貌が明らかに はコメントを受け付けていません。
cut02_0730_LR

アディダス ジャパンは、2018 FIFA ワールドカップ ロシア大会に向け、新たな「サッカー日本代表アウェイユニフォーム」を発表した。

この「サッカー日本代表アウェイユニフォーム」は、純粋無垢な白を基調とした、近未来調のライトグレーを採用し、光り輝く未来を表現。アウェイユニフォームの白と、その白を染めたホームユニフォームの濃い藍色により、新しいサッカー日本代表ユニフォームのコンセプトである【勝色(かちいろ)】ストーリーの全貌が明らかになる。

藍染というジャパンブルーの原点に立ち返り、日本の伝統色である深く濃い藍色である【勝色】をまとった新ホームユニフォームに対し、新アウェイユニフォームは、濃い藍色に染める前のまっさらな白い生地からインスピレーションを受けているとのこと。また、日の丸のカラーである白と赤を近未来的にライトグレーで表現したものであり、光り輝く未来をイメージしている。

左肩のグラフィックは、日本が初めて優勝した 1992年の国際大会で着用したサッカー日本代表ユニフォームのデザインを現代に再現することで、過去の勝利からインスパイアされたデザインとなっている。その3つのバーは、それぞれ微妙に異なるデザインとグラデーションカラーで、日本人のきめ細やかさを表現。また、過去/現在/未来という時の流れを表現しており、より強い日本の未来を創造できるようにという想いが込められている。

今回ベースカラーとなっているライトグレーは、光の当たり方によって色が変わり、光り輝く未来を表現。ナンバーキットとアディダスロゴは赤色を採用し、ショーツとソックスはホワイトをベースとした配色を採用。サッカー日本代表アウェイユニフォームとしては初めて青色を一切使わない白と赤のみの配色にすることで、日の丸のカラーを近未来的に表現している。

今回初めて全てのカテゴリーにおいて統一のデザインとなっており、首元の内側に搭載されたサインオフロゴには、過去の 5 大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わされている。過去20年間で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、真の勝利をもぎ取りに行くという強い意志を表現している。

オーセンティックユニフォームにおいては、フットボールに特化した独自のアレンジを施したテクノロジー【CLIMACHILL(クライマチル)】を搭載した。極細の糸を採用しているため、優れた速乾性・通気性・冷却性を実現している。丸みを帯びた着丈形状に関しては、よりモダンなルックスと動きやすさを両立したデザインとなっている。ショーツにはウーブン生地を採用し、軽さ、耐久性、撥水性、動きやすさを兼ね備えている。

ソックスは、ショートソックスとカーフスリーブの組み合わせによる「ツーピースコンストラクション」を採用。選手の好みに応じてショートソックスをカスタマイズでき、より高いパフォーマンスを発揮することが可能だ。

なおユニフォームは、2018年3月20日(火)18:00よりアディダスオンラインショップにて先行発売開始、一般発売は3月27日(火)0:00より全国のアディダスフットボール取扱店舗にて開始される。

アディダスオンラインショップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
NICT、光格子時計を利用した高精度な時刻標準の生成に成功
Future Tech HubとWOWOWのタイアップによる初のハッカソンイベント開催
自力で生き抜くために。あなたができることは? 防災・減災啓発ショートムービーを公開
吉本興業のeスポーツ事業「よしもとゲーミング」始動
Amazon「ホワイトデー特集2018」で“これを買っておけば間違いない”ギフトランキングを発表





関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る