「ファミ通アワード2017」受賞作品発表!ゲーム・オブ・ザ・イヤーは「ゼルダ」と「ドラクエXI」

  • 2018-5-1
  • 「ファミ通アワード2017」受賞作品発表!ゲーム・オブ・ザ・イヤーは「ゼルダ」と「ドラクエXI」 はコメントを受け付けていません。
01

ファミ通は、ゲームファンの投票により2017年のベストゲームを選ぶ「ファミ通アワード2017」を開催し、2018年4月27日に発表・授賞式を行った。

「ファミ通アワード」は、ユーザーから厚く支持され、かつゲーム業界の発展に多大な貢献をしたと認められる優れたゲーム・人物・ゲームメーカー等を、ファミ通グループ各媒体の読者投票によって選ぶ賞で、2006年より毎年開催し、今回で第13回となる。

投票の結果、「ファミ通アワード2017」の“ゲーム・オブ・ザ・イヤー”は、得票数が僅差であり、どちらも歴史に残る素晴らしい作品であったことから、2タイトルが選出された。

まずは、“当たり前を見直す”というキーワードのもと、これまでのシリーズからすべてが一新された、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(任天堂)。オープンワールドの常識を覆す探索の楽しさに満ち溢れ、世界中のゲームファンを魅了したことが受賞理由としてあげられた。

もう1タイトルは、作品ごとに社会現象を巻き起こしてきた国民的RPG「ドラゴンクエスト」の最新作、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス)。プレイステーション4とニンテンドー3DSの2機種で同時発売された本作品は、それぞれのハードの特性を活かした表現やゲームシステムで多くのプレイヤーを驚かせた。

読者投票のほか、ファミ通では、全国の5歳~69歳の男女およそ1万人を対象とした大規模ユーザーリサーチシステム「eb-i」(運営:Gzブレイン)において、インターネット調査を実施。2017 年年間において延べプレイ時間が1位となったアプリを、ユーザーから最も愛されたゲームアプリとして表彰する“フェイバリットアプリ賞”には、根強い人気を集める「LINE:ディズニー ツムツム」(LINE)が、前年から2年連続で選出された。

そのほか各部門の受賞結果は、以下の通り。

■ゲーム・オブ・ザ・イヤー
2017年に日本国内で発売または配信されたゲームと、2017年の時点でサービス中のゲームの中から、もっとも優れていて印象に残った作品に贈られる賞で、“優秀賞”にノミネートされた作品より選出

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」/任天堂
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」/スクウェア・エニックス

■優秀賞
ゲームの世界観や斬新さ、奥深さ、ゲームファンを惹きつける魅力など、総合的に優れた作品に贈られる賞

「スーパーマリオ オデッセイ」/任天堂
「スプラトゥーン2」/任天堂
「Xenoblade2(ゼノブレイド2)」/任天堂
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」/任天堂
「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」/カプコン
「どうぶつの森 ポケットキャンプ」/任天堂
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」/スクウェア・エニックス
「NieR:Automata (ニーア オートマタ)」/スクウェア・エニックス
「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」/スパイク・チュンソフト
「バイオハザード7 レジデント イービル」/カプコン
「Fate/Grand Order」/FGO PROJECT
「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」/PUBG Corporation
「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」/ポケモン
「モンスターストライク」/ミクシィ

■ルーキー賞
新規タイトルの中で特に優れた作品に贈られる賞

「仁王」/コーエーテクモゲームス
「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」/PUBG Corporation
「Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)」/ソニー・インタラクティブエンタテインメント

■フェイバリットアプリ賞
年間でもっともユーザーに愛されたゲームアプリに贈られる賞

「LINE:ディズニー ツムツム」/LINE

■特別賞
革新的なアプローチでゲーム業界に新たな潮流をもたらした作品、技術、商品に贈られる賞

「UNDERTALE(アンダーテイル)」/ハチノヨン
「Nintendo Switch」/任天堂

■最優秀キャラクター賞
もっとも印象に残った、お気に入りのゲームキャラクターに贈られる賞

リンク(「ゼルダの伝説」シリーズ)

■最優秀ゲームメーカー賞
もっとも活躍したゲームメーカーや開発会社に贈られる賞

スクウェア・エニックス

■MVP
ゲーム業界においてもっとも活躍し、影響を与え、輝いていた人物に贈られる賞

堀井雄二氏


Gzブレイン カスタマーサポート

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
VR ZONE SHINJUKUで「ドラゴンクエストVR」オープニングイベントを開催
ソニー・エクスプローラサイエンスで「第3回 わぉ!な生きものフォトコンテスト」写真展を開催
「LINE:ディズニー ツムツム」で緊急発表!?4月24日にLINE LIVEで生配信決定!
東京メトロ×「BOSS」“勤続25年”の元銀座線車両がつなぐ熊本電鉄&東京メトロ社員の同期会
サードウェーブ、2週間で3万円の「Unreal Engine 4」で覚える「モバイルVR/ARコース」を開講






関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る