ハンモック構造で絶壁対策と安眠を両立したベビー枕が登場

  • 2019-2-7
  • ハンモック構造で絶壁対策と安眠を両立したベビー枕が登場 はコメントを受け付けていません。
czMjYXJ0aWNsZSMzMDgyNSMyMTUzMTMjMzA4MjVfY2JCa3NMQVlHZS5qcGc

まくらは、赤ちゃん&子供の眠りスペシャリスト永持伸子氏監修のもと、赤ちゃんの頭の形が歪む“絶壁”対策ができるベビー枕「iimin ベビーピロー プレミアム」を発売した。価格は5,400円(税込)。

「iimin ベビーピロー プレミアム」は、赤ちゃんの頭の形を守りながら、安眠できるよう寝心地にもこだわったベビー枕。

中素材に、弾力性がある柔らかいわた素材をたっぷりと使うことで、赤ちゃんの頭をしっかり支える。首元部分には、体圧分散性に優れた新素材「ジェルビーズ」を使用。首元と頭全体を支えることで、体圧が分散し、絶壁になりにくい枕が完成した。

また、枕の中はドーナツ型になっており、中心部に中素材を入れない「ハンモック構造」を採用。ハンモック部分が優しく頭を受け止め、絶壁の原因である体圧の集中を防いでくれる。

「iimin ベビーピロー プレミアム」は、まるでお母さんが両手で赤ちゃんの頭を支えてあげるように、全体をふんわりと包み込んで支えるので、安定感が抜群。

さらに、今までお母さんたちがベビー枕にタオル等を敷いて支えていた赤ちゃんの「首元」もジェルビーズでしっかり支え、首が座っていない赤ちゃんでも頭がゆらゆらと揺れず、向き癖の防止と安眠を助ける。

専用カバーの表面はオーガニックコットンを使用したパイル仕上げ。赤ちゃんの肌に直接触れるものだから、安心にこだわったとのこと。裏面には通気性の高い、立体メッシュ素材を使用。立体素材を使用することで、中にこもった熱や湿気を逃し、快適な状況を維持する。



iiminオフィシャルショップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
面倒な洗濯物の干す、取り込む、しまうを快適にする「変形物干し8連ハンガー『クローゼット直行ハンガー』」
「BanG Dream!」が山手線をジャック!
早朝特別拝観でレアな京都を満喫!JR東海「そうだ 京都、行こう。」春はあけぼの編
朝焼けスポットから見る美しい日の出!JR東海「そうだ 京都、行こう。」続・春はあけぼの編
「JR東海「そうだ 京都、行こう。」春はあけぼの編」で建仁寺を堪能する





関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る