ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場

  • 2019-6-12
  • ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場 はコメントを受け付けていません。
Image2

ロジクールは2019年6月11日、ゲーミングブランド「ASTRO Gaming」より「ASTRO A50 Wireless ゲーミングヘッドセット + BASE STATION」と「ASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセット」、「ASTRO MixAmp Pro TR」を発表した。「A50」は8月1日に発売予定で、価格は3万7,750円(税別)、「A40」は1万8,880円、「MixAmp」は1万8,750円で6月27日に発売予定となっている(いずれも税別)。

「A50」はワイヤレスヘッドセット。これまで「ASTRO Gaming」で人気だったMixAmpの機能が充電スタンドであるBASE STATIONに集約されている。ヘッドセット右側面のボタンでマイク音とゲーム音のバランスを調整でき、Dolby サラウンドサウンドに対応している。バッテリーは15時間の連続使用が可能で、バッテリー残量はBASE STATIONのインジケータで確認できる。

また遮音性の高いイヤーカップとヘッドバンドをセットにした「Modkit」を発売予定。発売時期は未定だが、価格は税別5,130円。

一方「A40+MixAmp」は、現在販売され多くの大会でも使用されている「A40」と「MixAmp」のリニューアル版だ。「A40」に大きな変更は加えられていないが、「MixAmp」のツマミが横配置に変更。ツマミにLEDを搭載することでLANパーティや大会などの暗いシーンでも視認性が上がったほか、ケーブルの入力端子を背面に集約することで邪魔になりにくいデザインとなっている。

なお「A40」は「ASTRO Gaming」10周年を記念したアニバーサリーモデルを同時発売予定。MixAmpとのセット販売も予定されていて、単体が1万8,880円、MixAmpとのセットが3万1,250円(いずれも税別)。

IMG_7999 のコピー

IMG_8002 のコピー


ASTRO Gaming

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」
暑さ対策に最適!足をのせるだけで心地よい風で足もとから涼しい「ファン内蔵足もと爽快フットレスト」




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る