楽天モバイルが5千人を対象に音声・データ通信サービスを無償で提供する「無料サポータープログラム」への受付を10月1日より開始 –

  • 2019-9-9
  • 楽天モバイルが5千人を対象に音声・データ通信サービスを無償で提供する「無料サポータープログラム」への受付を10月1日より開始 – はコメントを受け付けていません。
20190906New_logo

楽天モバイルは2019年10月1日(火)より携帯キャリア事業としてのサービスへの受付を開始し、まずは5,000名を対象に、音声・データ通信を無償で利用できる「無料サポータープログラム」を実施する。その後、対象者を順次数万名へ拡大する予定だ。

「楽天モバイル」は、世界初となるエンドツーエンドの完全仮想化クラウドネイティブネットワークを提供する。顧客への安定したネットワーク品質の提供を担保し、お客様からサービスやネットワークへの意見・要望をもとに迅速に改善を行うため、まずは5,000名を対象に「無料サポータープログラム」を実施する。

本プログラムは、2019年10月1日(火)より「楽天モバイル」Webサイトでの受付を開始し、2020年3月31日(火)まで提供する。なお、有料の正式なプランを2020年3月31日までに開始した場合には「無料サポータープログラム」自体は終了となるが、同プログラムを継続利用する人には、プランの切替後も2020年3月31日まで、アンケート等のモニター調査に協力する対価として、通信料金と同額程度のモニター報酬が支払われる。

■応募手順
2019年10月1日(火)午前0時00分から10月7日(月)午前9時59分までの間、「楽天モバイル」ウェブサイト内「無料サポータープログラム」申込ページより、申し込みを受け付け。

■申し込み後の手続き
申し込んだ人には、10月11日(金)より順次、案内のメールを送付する。申込者多数の場合には、抽選のうえ案内する。契約情報の登録および本人確認を完了した人から、専用SIMカードまたは専用SIMカードと購入製品のセットが順次発送される。

また2019年10月より、スマートフォン7機種、Wi-Fiルーター2機種を発売する。そのうち、Galaxyブランドの2製品はMVNOサービスを含む「楽天モバイル」で初めての取り扱いとなる。新製品は「無料サポータープログラム」、およびMVNOサービスのいずれも利用できる。

なお、本新製品および「楽天モバイル」が今後販売する機種は、すべてSIMロックのかかっていない「SIMロックフリー」となる。新製品情報は、「無料サポータープログラム」紹介ページにて確認可能だ。

「楽天モバイル」の携帯キャリアサービスは、2019年10月より全国で利用可能。自社ネットワークサービスエリアは「東京23区、名古屋市、大阪市および兵庫県の一部」となる。東京23区、名古屋市、大阪市以外の地域においてはKDDIおよび沖縄セルラー電話とのローミング協定に基づきネットワークの提供(トラヒック混雑エリアを除く)を受けることで、サービス開始時より日本全国でLTE通信サービスを提供する。ネットワーク対象地域の詳細は、2019年9月24日以降、「楽天モバイル」のサービスページより確認できる。

自社ネットワークの提供エリアは順次拡大していく予定だ。KDDIおよび沖縄セルラー電話とのローミング協定は、提供期間を2026年3月末までと定め、その期間内に「楽天モバイル」は自社で全国ネットワークの構築を着実に進め、完成した地域から順次、自社ネットワークへ切り替えを行っていく。

20190906概要

20190906schedule

20190906device_image_final
20190906製品表


無料サポータープログラム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に






関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る