NHN JAPAN、クラウド時代のゲーム開発プラットフォームGamebaseの無料提供を開始

  • 2019-10-10
  • NHN JAPAN、クラウド時代のゲーム開発プラットフォームGamebaseの無料提供を開始 はコメントを受け付けていません。
main

NHN JAPANは、クラウドでゲーム開発のバックエンド機能を提供する「TOAST Gamebase」(以下、Gamebase)において、ゲーム開発企業が無料でサービスを利用できるよう料金を刷新した。Gamebaseではこれを記念してキャンペーンを実施する。

Gamebaseはゲーム開発に必要なゲーム分析指標やログイン認証、決済機能などの様々なバックエンド機能が統合SDKを適用するだけで簡単に利用できる、クラウド時代のゲーム開発プラットフォームだ。NHNグループが実際のゲーム開発・運営で培ったノウハウをもとに構築されており、 NHNグループの様々なゲームタイトルで実際に活用されている。

このたび、 NHN JAPANは日本のゲーム市場の活性化支援を目的として、平均DAUが1万以下の小規模ゲームに対してGamebaseが無料で利用できるよう料金体系の刷新を行った。ゲームがヒットして平均DAUが上昇した場合でも月額最大100万円(税抜)の課金上限があるため、安心してサービスを利用することができる。

Gamebaseでは、今回の料金体系の刷新を記念して、本日より以下のキャンペーンを実施する。

■キャンペーン概要
Gamebaseを導入するユーザーに以下の特典がプレゼントされる。
・Gamebaseの利用料金が3カ月無料
・関連サービスと同時契約でGamebaseの利用料金が最大1年間無料
・Amazonギフト券5,000円分をプレゼント(先着10名様)
・導入コンサルティングが無料
キャンペーン申込期間:2019年12月31日(火)まで
応募方法:以下のキャンペーンページから「キャンペーンに申し込む」ボタンをクリックし、必要事項を記入して申し込む。後日担当者から確認の連絡が入る


キャンペーンページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ヤマハが「音のユニバーサルデザイン化」に向けラジコアプリに「街の情報」機能を実装
渋谷PARCO「ほぼ日曜日」はじめての展覧会テーマは『アッコちゃんとイトイ。』矢野顕子さんのミニライブも開催
串をセットするだけで自動で回転しておいしく焼き上げる焼き鳥に鉄板焼き肉が同時に楽しめる『自動回転焼き鳥&焼肉プレート『焼き物大将』』
10月12日よりGinza Sony Parkで『#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK』を開催
パナソニックが将来のオリ・パラ開催予定の4か国(日本・中国・仏国・米国)の学生を対象としたコンペを開催


血と汗とピクセル: 大ヒットゲーム開発者たちの激戦記
ジェイソン・シュライアー
グローバリゼーションデザイン研究所
2019-06-22




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る