「バイオハザード7」の世界の中をVRで仲間と実際に歩き回るフリーロームVRホラーアトラクションが登場

  • 2019-10-11
  • 「バイオハザード7」の世界の中をVRで仲間と実際に歩き回るフリーロームVRホラーアトラクションが登場 はコメントを受け付けていません。
B7VR-Logo_blk

ダイナモピクチャーズは、カプコンの大人気ゲームソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』の世界の中をVRで実際に歩き回る、フリーロームVRホラーアトラクション『BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR(バイオハザード ウォークスルー ザ フィアー)』を2019年10月よりリリースする。第1号ロケーションとして2019年10月26日(土)よりカプコンが運営する、アミューズメント施設『プラサカプコン 池袋店』のVR-X内にて稼働する。

本タイトルは2~4人のマルチプレイで、恐怖に満ちた広い屋敷の中を歩み進んでいく究極のフリーロームVRホラーアトラクション。そのプレイフィールドは約450㎡にも及ぶ。

HTC VIVE製VRゴーグル「HTC Vive Pro」とZOTAC製バックパック型PC「VR GO 2.0」を装着し、10.5m×7mのエリアを自らの足で探索する。VRゴーグルのイヤーパッドに加え外部スピーカーによる立体音響システムを使用しVRの没入感にさらなる臨場感をプラスしている。

ゲームソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』で使用されているCGモデルを活用。また、スムーズなステージ切り替えにより没入感を損なうことなく『バイオハザード7 レジデント イービル』を舞台にした大きなエリアを行き来する体験ができる。プレイヤーは、限られた弾丸を駆使し、仲間と協力して恐怖の屋敷から脱出を目指すことになる。

■アトラクションストーリー
アメリカ・ルイジアナ州では行方不明事件が多発していた…。それぞれの理由で渦中のルイジアナ州を訪れていたプレイヤー達は、突然何者かに襲われ気を失ってしまう。気がつくと大きな屋敷の地下室に捕らわれていた!その屋敷の家主はジャック・ベイカー。いったい誰がプレイヤー達を誘拐したのか…。幸いにも銃を所持していたプレイヤー達は、同じ境遇にある者同士、協力して脱出を試みることになる…。

■施設概要
ジャンル: フリーロームVRホラーアトラクション
タイトル: BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR
プレイ時間: 最大約20分
プレイ人数: 2名~4名
プレイエリア: 10.5m × 7m
開発・制作:ダイナモピクチャーズ
監修:カプコン
協賛:ゾタック日本


whatsthat_b7vr

whoisthis_b7vr

whoisthis2_b7vr


「BIOHAZARD WALKTHROUGH THE FEAR」 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Bauhutteからエナドリからカップ麺までまるっと収納できるサイドワゴンが登場
第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」本大会スケジュールが確定!
SNKが「NEOGEO Arcade Stick Pro」を2019年秋発売!現在予約受付中!
渋谷PARCO「ほぼ日曜日」はじめての展覧会テーマは『アッコちゃんとイトイ。』矢野顕子さんのミニライブも開催
串をセットするだけで自動で回転しておいしく焼き上げる焼き鳥に鉄板焼き肉が同時に楽しめる『自動回転焼き鳥&焼肉プレート『焼き物大将』』






関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る