アニメドール トロフィー 制作プロジェクト発表――ガンダムの大河原邦男氏も登場


東京で開催される本格的な国際アニメーション映画祭である「東京アニメアワードフェスティバル2015」で授与される「アニメドール」のトロフィー制作プロジェクト発表会が、2015年3月3日に都内の会場にて開催された。席上にはトロフィーをデザインした大河原邦男氏も登場。ラフを提出したら意外とすんなりと決まったという話や、癒し系のロボットに興味があることなどを様々語った。

anime02

「機動戦士ガンダム」などのメカニックデザインをした大河原邦男氏

発表会には大河原氏のほかDMM.makeのプロデューサーを務める小笠原治氏、CerevoのCEOである岩佐琢磨氏、トロフィーの3Dデザインを担当した吉田晃永氏も登場した。語られた模様を以下にお届けしよう。

大河原邦男氏(以下、敬称略):1972年に竜の子プロダクション美術課、美術課と言いますとアニメーションの背景を描くセクションです。そこに入社いたしまして、その当時はまだ背景は筆とポスターカラーで描いていた時代で。新入社員になりますとまず3か月、その背景のテクニックを上司から教わる。

その訓練をしていたときに、私の上司の美術監督である中村光毅さんが私の脇に来まして。今回10月から「科学忍者隊ガッチャマン」という作品が始まるので、そのメカをやってみないかと。それもガッチャマンだけのメカデザインの仕事をやるようになったのですが。タツノコプロはご存じのようにそのあと、「破裏拳ポリマー」などメカものが続きまして、私は背景に戻るチャンスを失ってそのまま43年間、メカデザインを続けております。

私は偶然、このメカデザインという仕事に巡り会ったので、ただの仕事として成立させたいと思っていて。60までは死にものぐるいで仕事をしてたんですけど。まあ60歳になって、仕事として成立したから好きなことをやろうと。望まれることは全てOKして。海外でサイン会があると言えば行き、お金はくれないけど仕事をしてくれ、というのも全部受けるようにして、すごく充実した年寄りを過ごしております。

小笠原治氏(以下、敬称略):生まれたのが71年ですので、まさに大河原さんが作られたデザインに洗脳されてきた世代ですが。元々はさくらインターネットというデータセンターで仕事をしておりました。なぜ今物作りなのかとすごく言われるのですが、これからの“もの”、新しく生まれるデバイスですね、それがインターネットに繋がっていくと信じて、“物事のインターネット”というものを作って行きたいと思い、DMM.makeのプロデューサーもやらせていただき、Cerevoさんとも仕事をさせていただいています。

岩佐琢磨氏(以下、敬称略):私は小笠原さんの世代よりも一世代後ろになるんですが、78年生まれでして。5年くらいパナソニック、当時は松下電器作業でしたが、当時の言葉で“ネット家電”といいまして、インターネットやスマートフォンに繋がる家電を専門に企画をするという仕事をやらせていただいていまして。控え室で大河原さんとも話しをさせていただいたんですが、やはりこう、大企業はリスクをなかなか取りづらい体質であるというところで、世の中に全くないものをゼロから1に生み出すというのは結構難しくてですね。

そういうのをできる会社がないかなあということで、いろいろ探していたんですがどこにもなくてですね。それじゃあ起業しましょうということで、インターネットに繋がるハードウェアを専門に作る、そんな会社として株式会社Cerevoを2008年からやっております。今日は物作りという観点から話ができればいいなと思っています。

吉田晃永氏(以下、敬称略):今回3Dのモデリングをやらせていただきました。普段はプロダクトデザインやパッケージデザインをやっていまして。実際に人がものを使うようなものをデザインさせていただいているんですが、今回は大河原さんがデザインされたトロフィーということで、使うというよりは威厳があるものとして、モニュメントとして作らせていただいたというところです。

普段は自動車用品とか、実際人が使うような車いすであるとか、音響系であるというものをやらせていただいているんですが、そんな開発の中で3D CADとかCGを使うことが非常に多くてですね。今は東京デザイナー学院というところで3D CADを教えたりもしています。あとは工業デザイナー、プロダクトデザイナーが集まる公益社団法人インダストリアルデザイナー協会というのがあるのですが、こちらも関東、東北、北海道をまとめる、東日本ブロック長というものをやらせていただいています。

今回、プロダクトデザインとは一風変わった内容ではあるのですが、中学生の頃から大河原さんのガンダムであるとか、メカデザインにですね、非常に影響を受けている一人でもありまして。光栄なことであると思ってやらせていただきました。

――アニメドールの制作について一言いただければと思います。お話を受けたときはどう思われましたか。

ページ:

1

2 3 4 5 6

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る