「dビデオ」が「dTV」へのリニューアル発表で大反響!dTVターミナルの予約受付も好調

  • 2015-4-10
  • 「dビデオ」が「dTV」へのリニューアル発表で大反響!dTVターミナルの予約受付も好調 はコメントを受け付けていません。

エイベックス通信放送株式会社が運営し、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供する定額制映像配信サービス「dビデオ powered by BeeTV(以下、dビデオ)」は去る2015年4月2日(木)、舞浜アンフイシアターにおいて、今後の新戦略を発表する「dビデオ MIKATA CONFERENCE 2015」を開催した。

同カンファレンスでは、4月22日(水)よりサービスブランドを「dTV(読み:ディーティービー)」に名称変更し、ユーザーインターフェースの刷新、サービス機能の拡充、コンテンツ強化を推進していくことを発表。当日は200名以上の取材メディアを含め、総来場者数は1,700名を越え、Ustreamによる生配信の視聴数も約1万に及ぶなど注目を集めた。

■dTVターミナルへの注目も急上昇
カンファレンス開催直後から反響は大きく、2月のNetflix日本上陸の発表や、3月末のhuluの記者会見によって、映像配信市場への関心が高まっていたこともあり、同日から現在までに、テレビや一般新聞、IT系やエンタメ系のwebメディアまで幅広い媒体で取り上げられ、600以上の記事が露出された。

リニューアルの3つのポイント

その結果、「dTV」関連のクチコミも、一時Yahoo!注目キーワードランキングで2位まで急上昇し、翌日には1万件を超えた。さらに、同カンファレンスで発表された、dTVを自宅のテレビでより簡単に楽しむための専用アダプター「dTVターミナル」(4月22日発売)への注目も急上昇。難しい設定がなく、専用リモコンひとつで誰もが簡単に利用できるポイントが好評で、発売に先駆けて始まった先行予約も好調なスタートを切っている。

dTVは、多彩な12チャンネル、約12万作品を揃える充実のラインナップを実現。映画やドラマ、アニメや音楽まで、他では見ることの出来ないプレミアムなコンテンツが、月額500円で見放題の映像配信サービスだ。ドコモユーザーでなくても、クレジットカードがあれば、docomolDを作り、誰でも登録可能になる。

専用アダプター「dTVターミナル」

dビデオは今後もさらなるサービス拡充を図り、ユーザーにより便利で豊かな映像ライフを届けられるように取り組んでいくとしている。

エイベックス
NTTドコモ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ドコモに関連した記事を読む
ドコモ東北支社が講座提供に協賛!「gacco(ガッコ)」において減災授業を開講
電波法上免許が不要な5GHz帯におけるLTE通信実験にドコモが成功
持ちやすくて見やすい!4色が彩る防水スタイリッシュケータイ「docomo SH-07F」
史上最高の全部入りケータイ!上質を極めたハイスペックスリム防水ケータイ「F-07F」
想像を軽々超えるタブレット「docomo AQUOS PAD SH-06F」


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る